自身が発展途上国に出て、国内車の素晴らしさを実感して国内車にのぼりたくなった言及。

HELLO。
我々はフィジーという南太平洋におけるナショナリズムで留学をしている25年代だ。
おそらくフィジーというナショナリズムを総出ご存じないかと思います。

フィジーは発展途上国でして、クルマも乗れるのは大金持ちって外人の移民ばかりです。
我々は外車に何とも関心があり、自分でクルマを購入したことはありませんでしたがいずれ乗じるクルマは外車にしようと心に決めていました。但し、海外に出て内面が著しく変化しました。

その理由としては、本当に日本クルマの評価が物凄く厳しく本国が生産しているクルマに自慢を思えたからです。中でもTOYOTAはもの凄い需要があり、盗難が起きてしまうほど有名がありました。

また、フィジーは発展途上国でストリートが舗装されていない場所が多く存在します。
多くの日本クルマ以外のクルマはアッという間にパンクしてしまうことが多いです。
ただし、日本クルマでの航行はかなりパンクすることはありませんでした。

私の中のモラルが凄まじく変化し、日本クルマにのぼりたいというようになりました。
残余クルマの車には暗いのですが、ランドクルーザーのプラドなどさんざっぱら素敵なクルマです。
ストリートが舗装されていないプランも進んでいただける見てくれを見て惚れ込んでしまいました。
たとえば、ふとした浅い川だったり砂丘をレンタカーサロンで借りて運転した時も余程デメリットがありませんでした。
仕様も言うことがありませんでした。
我々は日本へ帰宅したら、ランドクルーザーを続行スケジュールだ。日本はプランがしっかりと整備されているのですが、日本では如何なる歩きを通じてくれるのか本当に楽しみです。1か所だけではダメでしょ?